制作日記ブログ

【三月ウサギ】豊穣な場所【ECHO TOUR】

三月ウサギを演じてくださった、アーティスト中島崇さん含むグループ展『ECHO TOUR 自然な人工物の感応』行ってきました。

鍾乳洞をイメージした山羊の角然とした陶製のコルヌコピアと光と水の音
アラビックなレタリングのキルトになったカスタネダ(と虎と牛)
自転車の廃チューブで作られたジャンパーやバッグやあれこれ
フェアトレードとスカラベ、大きな顔
来場者がこねては作る生ハムとハットリ君と太陽の塔とあれこれ
カップのトゲトゲ、粘土の触感
それらの脇を蛇行する木の大蛇と
それに沿って「にょろにょろ」言いながら走る子供
さらにその外をにょろにょろ流れる環八と高速

とても豊かな富の産まれる秘境でした。
なんだか「大丈夫」という気がしてきます。

この空間を常設にするような大旦那が現れると世界は豊かになるかもとも思いましたが、やっぱりこれはそうではなくて、太陽の力の最も弱まるこの時期に期間限定で出現するから素敵なのかもとも思います。本当のサンタクロースはこういう場所からやってくるんじゃないかと思います。

会期もう残りわずかですがおすすめです。


制作日記ブログ 【三月ウサギ】展覧会

中channel

ちなみにお茶会コンビの相方「帽子屋」川瀬陽太さんも制作手伝ったそうです

【三月ウサギ】展覧会

三月ウサギを演じてくださった、アーティスト中島崇さんが展覧会やってます。

  • ECHO TOUR 自然な人工物の感応
  • 期間 11/30〜12/14
  • 場所 西海陶器4F
  • 入場無料
  • ナカジマタカシライブペイント 12/6 12/14 17:00〜

です。

詳細はここ 中channel 告知

【コメント】kihirohitoさん

『護法少女ソワカちゃん』シリーズの作者kihirohitoさんがご自身のブログに『不思議の国とアリス』の感想を書いてくださいました。ありがとうございます。

この作品はあらかじめ固定化された視点を提供しようとしない。ストーリーを追いかけようとするとひたすら視点がさまようだけなので、そういうのに慣れてない人にはただ漫然と観ることをおすすめします。深読みマニアの皆さんには、深読みできる要素がいっぱいあるよ。

逆転写無縁仏  FEED YOUR HEAD 〜 不思議の国とアリス 〜


ニコニコ動画 kihirohitoさんの公開マイリスト「護法少女ソワカちゃん」
ニコニコ動画 kihirohitoさんの公開マイリスト「夢の旧作」
ニコニコ動画 kihirohitoさんの公開マイリスト「袋のままで行く」


[追記]蛇足な注付けするとタイトルにある「FEED YOUR HEAD」ってのはコレ↓(ですよね?)


【CG将軍2】再放送【とり・みき】

とり。みきさんとのコラボで準グランプリを頂いた
BSジャパン『天下統一CG将軍2』ですが

再放送決まったらしいです
こんども地上波ではないので受信できる方が限られるとは思いますが

2009年1月3日(土) 25:35〜 
BSジャパンにて放送

です。みてね。

ところで、とり・みきさんの『冷食捜査官』vol.1は、今週末発売です。
面白いので買いましょう。

TORI MIKI'S BLOG 冷食捜査官vol.1発売
amazon.co.jp:冷食捜査官 1(モーニングKC)

BSジャパン『天下統一CG将軍2』本選結果

人類のたのしい仕事

まず重要なのは、素人が農業に抱きがちな“幻想”を打ち砕くことだ。

農協の基準に合ったものを作って農協に出荷するのが効率的

株式投資よりもリスクはずっと小さい。1人でやるには現在の7ヘクタールが限界なので、今後も年1000万円の利益を維持していきたい

副収入狙うなら、株より農業…週2日で年1000万円


なんたる野蛮、なんたる失敬
株はそういうゲームだから、やりたければやればいいが、(その生業は既に「人類のたのしい仕事」から遙かに遠く離れたところを迷走していることは了解しているが...そもそもその誕生の瞬間よりそうなることは内包されてはいたが...それでも、なお、願わくば...)「人類のたのしい仕事」を侮るのはやめてほしい。そういう輩をギャフンといわせるために次回作のその次の企画を練り中なので待っていなさい。(ギャフンといわないだろうけど...というか、そういう意図は気付かれないだろうけど、あるいは目にはいることはないだろうけど)

この人、ライブドアショックで大損して北海道に渡ったそうです。同様に(元はと言えば)ライブドアショックで大変なことになって最近北海道に渡っていた方を知っているのですが、その人はアイヌ=縄文の智慧を学び、頭と体が直結できるようになる修行をされていました。私は(比較するのも失礼ですが)後者を支持しますし、その方向を目指したいです。そしてカムイ(=熊)にはこう謝りたいと思います。


けれどもなおれたちだって仕方ない。生きているにはきものも着なけぁいけないんだ。おまえたちが魚をとるようなもんだぜ。けれどもあんまり無法なことはこれから気を付けるように云うから今度はゆるして呉れ。

※「人類のたのしい仕事」ロバート=オーウェン

【サイケ】プクプク担当【宇宙人】

といってもペロリンガ星人の話しではなくて、
リーダーのロッキー・エリクソンが宇宙人と交信していたことでもおなじみの13th Floor Elevatorsです。

The Psychedelic Sounds of The 13th Floor Elevators

このバンド常にプクプクいう音が鳴っていて、なんだかプクプクしてるなぁと思っていたのですが、なんと編成がボーカル、ギター、ベース、ドラム、壺...だということをさっき知りました。素晴らしい。割とそのスジでは大メジャーなバンドなので、もしかすると周知のことだったりするのかもしれませんが、あんまり感激したので書き留めておきます。


ていうか、なんでもあるなぁYouTube...ついでに基本と言うことでこのあたりも...The Music Machine


トリは、もちろんThe Seeds スカイ・サクソン キャー! しびれるぅ!!


しもだてアートフェスタ報告

記事の時系列が前後しましたが、2008年11月8日(土)開催された「しもだてアートフェスタ2008」の報告です。

ブース(というかテント)はこんなでした。3×3のスペース以外は(テントとかも)全て持ち込みです。『不思議の国とアリス』は初めて野外に展示しましたが、まあなんとなく思ったよりはサマになった気がします。『〜アリス』の映像ものすごく気になって何度も何度も覗きに来てくれた人が3人くらいいました。相変わらずカルト性は充分です。また、(これも相変わらず)チビッコたちには概ね好評でした。(が、その親たちは全然ピンときていない風なので購買には結びつきません。)

23603951_1220256422.jpg

物販はこんなです。来場者層とか、場所柄とか考えると(特にDVD)全然売れないかと思ってましたが...微妙に(DVDも)売れました。ありがとうございました。

23603951_235342076.jpg

今回初登場は、ニブンノイチケイカク女子部手芸ユニット「水玉一二階」です。物販的には実はこれが一番売れてました。全体的なエントロピーを増大させる意味でも、今後の活動が期待されます。

23603951_1497870906.jpg
といったわけで、なんやかやと楽しい催しでした。寒かったけど。
ありがとうございました。おつかれさまでした。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

【金糸雀】ひとまず納品【伊参スタジオ映画祭】

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2007・短編の部大賞受賞作品を、同映画祭規定のもとに映画化した『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』の劇中アニメ『生きていきかた』(ひとまず)納品しました。おつかれさまでした。

本当に実際に劇中で使う箇所(5〜10秒程度)は既にハイビジョンレンダリングして納品済みだったのですが、ようやくアニメ全編でっちあがりました。(これは『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』制作資金調達のための「金糸雀の羽募金」にご参加下さった方々へのお礼の品のひとつになるらしいです。)

アニメのデキはちょっと全体的に雑さが目立って、申し訳なかったなぁと反省しておりますが、さてどうでしょうか?

といったわけで、映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』が初公開される第8回伊参スタジオ映画祭は11/22〜23...もうすぐです。見に行きましょう。
タイムテーブルはこんな

『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』は二日目
2008年11月23日(日)13:55~ です

ちなみに伊参スタジオってのは廃校を改装したスタジオで、映画『月とキャベツ』の撮影拠点となったりしています。さらに...余談ですが、『月とキャベツ』のヒロイン真田麻垂美さんのマネージャーだったことがある人が『不思議の国とアリス』でチェシャを演じてくれてたりもします。

明日、しもだてアートフェスタ

明日開催なので、再告知しておきます
DVDとかグッズとか売ります...DVDはイベント特価です
都心から二時間くらいかかりますが、きてね まってるよん

  • しもだてアートフェスタ2008
  • 日時2008年11月8日(土) 9:00〜16:00
  • 場所 しもだてアルテリオ前広場  アクセスはこんな
  • 入場無料 というか屋外、フリマ状態...たぶん
  • 雨天決行

です。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

【永田さん】おめでとう【アニメーション神戸】

『不思議の国とアリス』予約/支援者で、そのついでに3D制作にも(ものすごく)参加してくれて、その後受注仕事とかもちらほら手伝ってもらっている永田裕士さんが「盗人と王様」という作品で、第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテストで「ドンデンギャグ大賞 及び 最優秀賞」を受賞しました。おめでとうございます。確かこのコンペって大地丙太郎監督が仕切ってたと思うのですが、もしお話しする機会があったら「そうまがファンです」とお伝え下さい。

第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテスト
受賞作は永田さんのブログにも上がっています

で、感想書きます

永田さんはモデリングの上手さと仕事の速さはかねてから定評があり、『〜アリス』でも強力な戦力として活躍していただいたのですが、個人的な印象では...恐らく御本人が読むであろうブログにこんな事を書くのは失礼かとも思うのですが...実はアニメーションに関しては「いまひとつ」だと思っていました。作品を作るにつれ着実によくなってはいたし、手法的にも面白いことをやっていましたが、まだまだ(演出、モーション面に関して)いまひとつだと思っていました。

が、「盗人と王様」大バケしましたね。

素晴らしいできだと思います。脚本、演出、モーション、それに画面構成等含めたトータルで作品としてのクオリティーを確立してます。こりゃあ賞取るはずです。
ただ、以前も言ったことがあると思うのですが...こうなってくると俄然勿体ないのが声。今回声に関してもかなりレベルが上がっていて機械声のコントロールも格段に上手くなっていますが、是非、(ちゃんと演出付けた)人間の声で見てみたいです。(なんならニブンノイチケイカク経由で手配してもいいですが...でも関西弁にこだわりがあるようならちょっと人脈思いつきません)あえてボーカロイドに歌わせるという文化も台頭している昨今ではありますので、そういった方向を極めるという手もないことはないですが、そんな枠組みを飛び出す力と芸風を持っていると思いますので個人的には生声に挑戦していって欲しいです。永田さんの作品はセリフ(とかその間とか)がかなり重要な位置を占めているはずなので、さらなる大バケが達成できるはずだと思ってます。

という訳で、なにはともあれおめでとうございます。是非ビッグになって、こちらにもおこぼれをまわしてください。

ところでちなみに、一方、『不思議の国とアリス』の方は、以前人づてに大地丙太郎監督に贈呈してあるハズですが....音沙汰ありません

そうまあきら

ブログ内検索