制作日記ブログ

【永田さん】おめでとう【アニメーション神戸】

『不思議の国とアリス』予約/支援者で、そのついでに3D制作にも(ものすごく)参加してくれて、その後受注仕事とかもちらほら手伝ってもらっている永田裕士さんが「盗人と王様」という作品で、第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテストで「ドンデンギャグ大賞 及び 最優秀賞」を受賞しました。おめでとうございます。確かこのコンペって大地丙太郎監督が仕切ってたと思うのですが、もしお話しする機会があったら「そうまがファンです」とお伝え下さい。

第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテスト
受賞作は永田さんのブログにも上がっています

で、感想書きます

永田さんはモデリングの上手さと仕事の速さはかねてから定評があり、『〜アリス』でも強力な戦力として活躍していただいたのですが、個人的な印象では...恐らく御本人が読むであろうブログにこんな事を書くのは失礼かとも思うのですが...実はアニメーションに関しては「いまひとつ」だと思っていました。作品を作るにつれ着実によくなってはいたし、手法的にも面白いことをやっていましたが、まだまだ(演出、モーション面に関して)いまひとつだと思っていました。

が、「盗人と王様」大バケしましたね。

素晴らしいできだと思います。脚本、演出、モーション、それに画面構成等含めたトータルで作品としてのクオリティーを確立してます。こりゃあ賞取るはずです。
ただ、以前も言ったことがあると思うのですが...こうなってくると俄然勿体ないのが声。今回声に関してもかなりレベルが上がっていて機械声のコントロールも格段に上手くなっていますが、是非、(ちゃんと演出付けた)人間の声で見てみたいです。(なんならニブンノイチケイカク経由で手配してもいいですが...でも関西弁にこだわりがあるようならちょっと人脈思いつきません)あえてボーカロイドに歌わせるという文化も台頭している昨今ではありますので、そういった方向を極めるという手もないことはないですが、そんな枠組みを飛び出す力と芸風を持っていると思いますので個人的には生声に挑戦していって欲しいです。永田さんの作品はセリフ(とかその間とか)がかなり重要な位置を占めているはずなので、さらなる大バケが達成できるはずだと思ってます。

という訳で、なにはともあれおめでとうございます。是非ビッグになって、こちらにもおこぼれをまわしてください。

ところでちなみに、一方、『不思議の国とアリス』の方は、以前人づてに大地丙太郎監督に贈呈してあるハズですが....音沙汰ありません

続・TCM報告

ブースはこんな感じでした 今回は貧乏も極まっていたので特に装飾等作らなかったのですが、イベント毎に作り溜まっていたネタをならべてなんとか体裁を整えたら意外とちゃんとしたような気がします
23076403_309370696.jpg


タキタさんコーナーはこんな感じでした 時間もなくて準備がままならなかったのですが、なんとかでっちあげました さすがに一部濃い層の目を引きまくっていました とり・みきファンは業界関係者とかクリエーターとかデープなあたりに潜伏しているので、結構頼もしい気がしました ちなみにファン関係でお話しできた方々にはムービーも概ね好評だったように思えひとあんしんです
23076403_1749371247.jpg

とり・みきさんにその場で直筆ポップ描いていただきました ありがとうございます 家宝にします 
23076403_2478424911.jpg


『不思議の国とアリス』に関しては、(毎度そうなんですけど)たまにしか誉められないけど誉めてくれる人は凄くほめてくれます 嬉しいです 去年までは制作途中での出展でしたが、今年はやっと完成品を持ち込めたということでなんとか展開できるよう事後活動も頑張りますのでよろしくお願いいたします


TCMは、本来の開催目的が有効に機能しているかはちょっと微妙だったりするイベントですが、出展者どうしの横のつながりができてそれはそれでそれなりにとても有意義で楽しいことなので、気に入っております じゃまた来年

僕らは何かをしはじめようと

ジャックスのデビュー40周年を記念した3枚組ボックス・セット『LEGEND』が12月にリリース決定

ソース:bounce.com

JACKS 40th Anniversary Box “LEGEND“
  • 2009(←ママ...恐らく2008)年12月10日発売
  • 価格 4,800円(税込)
  • 内容 ※変更になる場合があります
    • Disc 1「ジャックスの世界+5」 オリジナル・アルバムに加えシングルのみの発売の「この道」さらにタクト・レコードからシングルとして発売された4曲を追加収録します。(08年リマスター、SHM-CD仕様)
    • Disc 2「ジャックスの奇蹟+2」 オリジナル・アルバムに加え、シングルとしてレコーディングされていながら当時何故か発売されなかったシングル・バージョンを2曲追加収録します。(08年リマスター、SHM-CD仕様)
    • Disc 3「Echoes in the Radio+4」 86年に発売されたニッポン放送「フォーク・ビレッジ」に残された放送用音源をアルバム化した作品に4曲を追加。内、1曲は初CD化となる67年「ライト・ミュージック・コンテスト」での「からっぽの世界」ライブ音源をTBSラジオで放送された際のナレーションも含めて収録する予定です。 (08年リマスター、通常CD仕様)
    • -ジャケット- ライナーノーツ、帯も含め、限りなくオリジナルに近い装丁にします。
    • -ブックレット- 出来る限りのビジュアルを仕様し、完全バイオグラフィー、ディスコグラフィー、 さらに当時から、そして現在も親睦が厚い中川五郎氏のよるライナー、さらにゆらゆら帝国の坂本慎太郎氏からのコメントも予定しています。
  • WEB通販でのご予約受付けは10月下旬~11月上旬あたりを予定しております。今しばらくお待ちください。

ソース:diskunion: 12/10発売 ジャックス40周年記念BOX『LEGEND』発売!


というわけで、(内容的には不満が残る感がありますが)縁起物ですので買いましょう。

『リメインズ』(『コンプリート・リアリゼイション』)(←正規版(『〜世界』、『〜奇蹟』、タクトのやつ)以外では(個人的には)コレが最強だと思います)が含まれていない...という「不満」の一番の要因は、既に発売されている『腹貸し女』で満たされるので大丈夫です。(『腹貸し女』の部分抜粋が『コンプリート・リアリゼイション』でさらにその部分抜粋が『リメインズ』...たしか)ていうか、同盤収録の『お前はひな菊』と『お前に夢中さ』は聴かなきゃダメ!!

【コメント】とり・みきさん

『不思議の国とアリス』 コメントとり・みきさんに頂いたので掲載しました。ありがとうございます。

もったいないぞ、そうまあきら! もっと楽して儲けろ!(笑)

これ、とり・みきさんに言ってもらえるとかなり光栄です。ていうか、とり・みきさん(のギャグ密度)こそ勿体ないと思います。(笑)

あ、短編集『ロボ道楽の逆襲』。11/17発売予定だそうです。装丁は元コズフィッシュ、現OCTAVE、(個人的には)『競売ナンバー49の叫び』の装丁でおなじみの木庭さんです。中身も外側もカバーを外しても楽しみです。

TORI MIKI'S BLOG:短編集も出ます

しもだてアートフェスタ2008出展

アクト ローカリーっつうことで...

  • しもだてアートフェスタ2008
  • 日時2008年11月8日(土) 9:00〜16:00
  • 場所 しもだてアルテリオ前広場  アクセスはこんな
  • 入場無料 というか屋外、フリマ状態...たぶん
  • 雨天決行

です。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

DVDとか、グッズとか売ります。きてね。

東京コンテンツマーケット2008

ここのところ恒例になっている東京コンテンツマーケット2008に出展します。

そういえば、全然意識してなかったのですが、先の記事でああだこうだ言っていた冨野監督、シンポジュウムに出演されますよ。

で、うちの出し物は

といった感じです。相変わらず市場性・発展性に乏しい(と思われがち)ですが、よろしくお願いいたします。

ブース番号は49です

また、当日スタッフ、搬入・搬出スタッフも募集中です。搬入は26日(日)、搬出は28日(火)閉場後になります。下手をするとスタッフ一人(=私)なので、メシにもトイレにもタバコにも行けません。会期平日なのでカタギの人は難しいと思いますが、だれか手伝ってください。よろしくお願いいたします。

準グランプリおめでとう、ありがとう

とういうわけで、『天下統一CG将軍2』OA終わったので結果公表解禁です。

準グランプリでした。

最初の打ち合わせの時点から、この芸風の二人だと(TV的に)グランプリは無いだろうから、審査員特別賞狙いで...とか言っていたので、結果大満足です。特にひよらず自分が面白いと思うように作ったものが評価されたこともあり、すげえ嬉しかったです。賞金も。「CG界のカーロス・リベラ(*注)」の称号返上です。呼ばれたこと無いけど。

(*注)実力最強なのにタイトルに縁がなく「無冠の帝王」と呼ばれるが、実際チャンピオンと闘うと秒殺され廃人(パンチドランカー)となる。

コラボ作業は、お互いの笑いの好みの方向性が似ていたため、かなりスムーズに進みました。(そのため逆にメイキング部分の物語性が不足しちゃっている感もあったと思いますが、そういうのもお似合いな気もします。)なにより頂いた直筆、鉛筆書き、生コンテ(←自慢)がかなり面白かったので、それを再現する作業はとても楽しかったです。ありがとうございました。

ところで、二幕目最後の「塩」、私もとり・みきさんもかなり面白いと思っているのですが、会場でも全然反応がありませんでした。どうですか? ダメですか?

ちなみに、番組中「貧乏」「貧乏」と言ってたのはホントなので、誰か仕事ください。

天下統一CG将軍2 明日(10/4)OA

いままでもちらほら告知してましたが、あらためて書いておきます
「スーパーマン」も「エイリアン」も『2』が一番面白い(=バカ度が高い)ということで...『2』です

『天下統一CG将軍2』

10/4(土)21:00〜22:55
BSジャパン(テレビ東京系列のデジタルBS放送、7チャンネル)

出演
内村宏幸(放送作家) × 松岡毅
如月音流(IT系ニューハーフ社長&携帯絵文字作家) × 酒井達矢
喜屋武ちあき(グラビアアイドル) × デジタル番長
さかもと未明(漫画家&作家) × 高嶋友也
春風亭昇太(落語家) × 小野修
ダンス☆マン(ミュージシャン) × あさをゆうじ
とり・みき(マンガ家) × そうまあきら
バカリズム(お笑いタレント) × まちむらけん
真島理一郎(映像作家) × 島内咲実
丸山博久(クリエイティブデザイナー&プランナー&コピーライター) × 加藤和博

司会 浅草☆キッド
歌の人 串田アキラ


です

発想の人たちは有名なので、普段扱い小さいCGの人たちに(だけ)リンク付けてみました。問題ある方いらっしゃいましたら叱ってください。

ところで串田アキラさんは、世間的には「サンバルカン」とか「ザブングル」とか「キン肉マン」とかでおなじみのアニソンの人という認識だ...というのを最近知ったのですが、私的には『からっぽの青春』でおなじみの名盤解放(される側)の人(あるいはR&B=ソウルの人)だと思ってました。もちろんソウルはほとばしっておりました。

さて、作品も作品以外の部分も一番地味だったと評判のとり・みき(マンガ家) × そうまあきらチームですが、
こういう露出の機会では、CG技術のアピールとかに走って今後につなげるのがいいんじゃないかと思うのですが、生憎、そういった技術はあまり持ち合わせていないので、かといってネタに関しては「発想のプロ」の担当ですし...ということで今回は「間(ま)」(あるいはリズム感)にのみ力を込めて作りました。というか、とり・みきさんのネタは(今回に限らず)「間(ま)」がキモだし、なにより頂いたコンテが非常に面白かったのでそれが死なないようにと頑張りました。
といったわけで(CG業界ウケとか、TVウケとかはエポケーっとして)とり・みきさんと、(とり・みきファンを筆頭に)そういった芸風を愛する方々に向けて作品作ったわけなんですが、その御本人には

十二分にこちらの期待に応えるもので大満足。
ソース:TORI MIKI'S BLOG
と言ってもらえてますので、今度はそういった芸風を愛する方々も是非お目にかけたいと思っております。

みてね。
うちはBS見れないけど。

きみの背丈は5フィート10インチ とても素敵だった

『ルー・リード/ベルリン LOU REED'S BERLIN』上映中です

トレイラー観るだけでたまらんです 行きたいなあ

『ベルリン』全曲日本語訳はこのサイト。

ご一緒にポテトはいかがですか?

とり・みきさんの『冷食捜査官』第三話出回ってます。(モーニングです...念のため。)読みました。いい話です。泣けます。ギャグ密度もいつも調子です。よくありがちな湿った(いわゆる)泣き笑いってヤツとは対極に位置する芸風での乾いた泣き笑い。とてもいいと思います。(ギャグに関して)前回からの連続ネタもあって、こりゃ一回目を見逃したのが悔やまれると思ったりもして、その上それ以前から引っ張ってるネタもありそうな気配もして、こりゃシリーズ通して読まなきゃいかんかも、と、思ったらなんと11月単行本発売とのことです。マストバイ(九州弁)です。CG将軍の告知もしてくれてます。モーニングの柱に自分の名前を見つけるとドキリとします。ありがとうございます。(新進CGアーティストとありますが、私、別に「新進」じゃなくて「芽の出ていないロートル」です...お恥ずかしい)

お知らせ

ブログ内検索