制作日記ブログ
 1  /  2  /  3  /  4  /  5  /  6  / 全部

パリは燃えているか

ルネ・クレマンの話しではなくて...
最近某所で見かけて気になってちょっと調べたんですけど

「ラ・セーヌの星」

これ、リアルタイムでかろうじて存在は知っていたものの、一話も見たことはなく、OPすら今し方YouTubeで見てきたばかりで、全然何も語る資格はないんですが、スタッフ、キャストがあまりにも豪華なので、これは見ないといけないんじゃないかなぁと書き留めてみました

まずスタッフ

チーフディレクター:大隈正秋
監督:富野喜幸
脚本:吉川惣司
キャラクターデザイン:杉野昭夫
作画監督:坂口尚

これだけでもウギャって感じなのですが、さらにはキャスト 脇を固めるのが...

ロベール/黒いチューリップ:広川太一郎
ダントン:野沢雅子
ザラール:小林清志
ド・フォルジュ公爵:寺島幹夫
ハンス・カウニッツ:雨森雅司
カトリーヌ夫人:小原乃梨子

ってあたりの豪華さはさておくとして...主役

シモーヌ/ラ・セーヌの星:二木てるみ

二木てるみってのはアレですよ 「赤ひげ」の「おとよ」ですよ おとよが主役で、普段はパリの花売り娘で、マリーアントワネットの妹ですよ 雑巾掛けだってしますよ、きっと
(ところで、おとよってロクに喋ってなかった気もするけど)


ちなみに、「某所」というのは「羅睺の星 護法少女ソワカちゃん第13話の歌」です

それとは別の訃報

マイケルの陰に隠れたうえに、ファラ・フォーセットの陰にも隠れて、どこも取り上げてくれない気がするので、ここに書いておきます

スカイ "サンライト" サクソン氏が亡くなりました

この二月のラックス・インテリアの訃報に続き、またしても「ボクのアイドル」的な人が亡くなりました 15分で作ったという名曲はこちら↓↓↓

ところで、やっぱりヤホワ13は買わないといけないのか? そんなことはないか?


ガレージ・サイケの名バンド ザ・シーズのスカイ・サクソンが死去

DLEだった...のか、など

吉田戦車「伝染るんです。」アニメ化決定 8月からメディア展開開始というニュース

例の「遠くへいきたい」の企画、持ち込むべきはココだったのか?
もう一方の雄=やわらかい方の会社の社長には通りすがりに強引にサンプル手渡したのですが...(で、特に反応はナシ)こちらは全然ツテもナシ(貴名受けに名刺入ってたけど遭遇はナシ) 万が一興味持たれても企画だけ吸い上げられて内部で制作とかになりそうだけど その企画がアリなら、この企画もアリな気がしますが、どうですか? ダメですか? そうですか...

ところで、そっちの方で監督を務める「はなけろ」の人とはブース対面だったことがあって面識あります...たぶん 「一年以内に成果が上がらないと事業部潰されるんです」とか言ってたのに、すっかり出世してしまったようで、なによりです 皆さん偉いなぁ

で、こっちのほうは、とり・みき先生30周年を祝って、ちょっとは作り足したいと思わない日はないってなもんですが、現状全く余力無し ごめんなさい


明日からデザフェス
ブースナンバーC+1563
投げ売りするので買ってください

景気はどっちだ?

3月まではほぼ仕事がゼロだったのに、年度変わって(まだ1ヶ月なのに)やたら仕事が来る

6本来て、1本終了、2本断る、3本継続中(いずれもボリューム満点)
加えて、ノーギャラ仕事3本、自主企画1本(と、できればもう1本)
それと某レポートも書かないといけないし
今週末はデザフェスだし
あまつさえ新生児もやってきて

忙しすぎる
睡眠時間は何処へいったのか?
どうなっているのだ?

でも、単価は概ね低めなので、働けども感は高い気がする

バンシーズ

AfterEffectのプラグインのことを調べてたらバンシーズの方にたどり着いて、すっかり聞いてしまった。

このtinderboxじゃなくてこっちのTinderbox

いや、それだけなんですけど、お里が知れる感じで面白かったので書き留めました。

領収書いらず、その他

確定申告計算中

2008年、あまりの収入の低さにビックリ。あまつさえ、DVDプレスを筆頭に支出は結構あるので、領収書の出番もあまりないまま源泉徴収全額回収の見込み。とは言っても元の収入がアレなので、大した額返ってこない。

今年はまじめに働こう。...と、思ってたのに、世界恐慌の影響だかなんだかで仕事少ない。単価も安い。金にならない制作活動の誘惑は相変わらず多い。


DVDプレスと言えば、入稿3/11だったのでもう1年経った。 1年間、ほぼ相手にされなかった。というか、それを通用しなかったと呼んでもいいかもしれない。1年かけてベコボコと凹みまくって、もうペッタンコのスープランドの住人になって差し込まれたスプーンに見とれたりもしている昨今。

が、色々ネタは仕込み中なので、またそのうち。

うれしくない。これからずっといっしょにくらさない。

ものすごく久しぶりのブログ更新にもかかわらず、こんな話題なのはどうかとも思うのですが、

「藤子・F・不二雄大全集」2009年7月より刊行決定

だそうです。

まぁ既に結構持ってるとは思うのですが、「新オバQ」の2巻が2冊あるのに4巻がなかったり(「新オバQ」最終回を踏まえた上で「劇画オバQ」を読まないといけないというのに...)とか、経年による変な欠損やらダブりやらがそこここに見受けられたりもするので、買わなきゃいかんだろうなぁ。

世代的には「藤子不二雄ランド」ど真ん中なのですが、当時リアルタイム子供の時はアンチだったので(ちなみにF先生の凄さに気付いたのは20才過ぎてから...)全然買っていなかったのも悔やまれますし。

仕事しなきゃ。積み立てしなきゃ。
それにしても「チンプイ」の続きが読みたい。

【サイケ】プクプク担当【宇宙人】

といってもペロリンガ星人の話しではなくて、
リーダーのロッキー・エリクソンが宇宙人と交信していたことでもおなじみの13th Floor Elevatorsです。

The Psychedelic Sounds of The 13th Floor Elevators

このバンド常にプクプクいう音が鳴っていて、なんだかプクプクしてるなぁと思っていたのですが、なんと編成がボーカル、ギター、ベース、ドラム、壺...だということをさっき知りました。素晴らしい。割とそのスジでは大メジャーなバンドなので、もしかすると周知のことだったりするのかもしれませんが、あんまり感激したので書き留めておきます。


ていうか、なんでもあるなぁYouTube...ついでに基本と言うことでこのあたりも...The Music Machine


トリは、もちろんThe Seeds スカイ・サクソン キャー! しびれるぅ!!


ふざけんな Windows

レンダリング中のマシンを勝手に再起動すんな!「自動更新」切ってたはずなのに、いつのまに勝手に設定変えた?(sp3のアップデートしたときか?)そういうことするプログラムをウィルスって呼ぶんじゃないのか?つうかそもそも、自動更新といえども再起動の確認くらいしろ!せめて確認待ちする設定をデフォルトにしろ!それも待てないくらいセキュリティがよわよわ’なのか?ウキー!!!

僕らは何かをしはじめようと

ジャックスのデビュー40周年を記念した3枚組ボックス・セット『LEGEND』が12月にリリース決定

ソース:bounce.com

JACKS 40th Anniversary Box “LEGEND“
  • 2009(←ママ...恐らく2008)年12月10日発売
  • 価格 4,800円(税込)
  • 内容 ※変更になる場合があります
    • Disc 1「ジャックスの世界+5」 オリジナル・アルバムに加えシングルのみの発売の「この道」さらにタクト・レコードからシングルとして発売された4曲を追加収録します。(08年リマスター、SHM-CD仕様)
    • Disc 2「ジャックスの奇蹟+2」 オリジナル・アルバムに加え、シングルとしてレコーディングされていながら当時何故か発売されなかったシングル・バージョンを2曲追加収録します。(08年リマスター、SHM-CD仕様)
    • Disc 3「Echoes in the Radio+4」 86年に発売されたニッポン放送「フォーク・ビレッジ」に残された放送用音源をアルバム化した作品に4曲を追加。内、1曲は初CD化となる67年「ライト・ミュージック・コンテスト」での「からっぽの世界」ライブ音源をTBSラジオで放送された際のナレーションも含めて収録する予定です。 (08年リマスター、通常CD仕様)
    • -ジャケット- ライナーノーツ、帯も含め、限りなくオリジナルに近い装丁にします。
    • -ブックレット- 出来る限りのビジュアルを仕様し、完全バイオグラフィー、ディスコグラフィー、 さらに当時から、そして現在も親睦が厚い中川五郎氏のよるライナー、さらにゆらゆら帝国の坂本慎太郎氏からのコメントも予定しています。
  • WEB通販でのご予約受付けは10月下旬~11月上旬あたりを予定しております。今しばらくお待ちください。

ソース:diskunion: 12/10発売 ジャックス40周年記念BOX『LEGEND』発売!


というわけで、(内容的には不満が残る感がありますが)縁起物ですので買いましょう。

『リメインズ』(『コンプリート・リアリゼイション』)(←正規版(『〜世界』、『〜奇蹟』、タクトのやつ)以外では(個人的には)コレが最強だと思います)が含まれていない...という「不満」の一番の要因は、既に発売されている『腹貸し女』で満たされるので大丈夫です。(『腹貸し女』の部分抜粋が『コンプリート・リアリゼイション』でさらにその部分抜粋が『リメインズ』...たしか)ていうか、同盤収録の『お前はひな菊』と『お前に夢中さ』は聴かなきゃダメ!!

 1  /  2  /  3  /  4  /  5  /  6  / 全部

ひとりごと

ブログ内検索