制作日記ブログ

ピンとこなかった方々へ あるいは矢島さんの感想

予約分、贈呈分、販売分併せて既に150本程度が世に出ている「不思議の国とアリス」なんですが、感想の多くは「ピンとこない」「わけわからない」「だらだらしててつまらい」などなどなんじゃないかと心配しているわけなんですけど、そんな状態を克服(?)された矢島さん(本作の音楽を担当されています...ドジソンのテーマとか、最後の巨大化の曲とか、その他色々)の感想が届きましたので、ご本人の承諾を得て、(抜粋して)公開させていただきます。


■1回目の印象
 
 注)休日にTSUTAYAで借りてきた「ナルニア物語」を家族で観たあと、
   一人で「不思議の国とアリス」を観た印象

 >ちよっとイメージが違うかなぁ、なんだかよくわからんなぁ、
どの購買層をターゲットにしているのかなぁ

<いまさら言ってもしょうがないけれど>

・10年前に完成させておくべきだった。
    → 今ではモーションキャプチャーの動きに慣れてしまった

・三月兎の形態があまりに下品。
    → 購買層をせばめている、ファミリー向きではない
      (子供に見せたいとは思わない)

・ラストは妥協すべきでなかった。
    → 「落ちていくのは実はドジソン」の方が作品の正当性を感じる。
      「表面的でもいいから・・・」というのは、アリスに求婚して
       親父にボコられても、平然と勤務を続けたドジソン氏の男気
      (ではなく、いわゆるKY的性格)に反しているような気がする。

・関西人からするとギャグは寒い。

■2回目の印象

特典の解説(?)を観たあと

・そういえば、そもそも初めて「不思議の国のアリス」を読んだときも、
 何がおもしろいのかさっぱり分からん話で、「誰か解説してくれ〜、
 落ちを説明してくれ〜」と思ったものでした。

 そうしてみると、このアニメも何か出来事が起こっているその瞬間を楽しむ
 もので、ちょっと慣れてなかったけれど、「ロードオブザリング」を楽しむ
 頭から切り替えなくてはならないのではないかしらん。

 監督も「単なるでたらめでくだらないバカ話」だと何度も力説しておられる
 ではないか。これは「ハリーポッター」でも「スターウォーズ」でもなく
 「不思議の国のアリス」なのだから、ひょっとすると「アリス」のコンセプト
 をそのままアニメ化することに成功したすごい作品なのではないか。

■3回目の印象

どのシーンも、どのカットも愛おしく、大好きになりました。

解説にもある東欧のコマ撮りアニメのような動きも、脱力的なラストも、
寒いギャグも、どうでもいいことのように思えます。
むしろ、そうあるべきかも・・とさえ思えます。
(三月兎だけは少々引っかかりますが)

今では、「不思議の国とアリス」を観てピンとこない人は、このお話にちょっと
慣れてないだけだよ、という思いです。
(でも、予備知識のない人が集まる試写会などでは少し不利かも...。)

というわけで、みなさん3回以上観てね。

関係者コメントとか

ブログ等で感想を書いてくださった方々
ご紹介します


中島崇さん(三月ウサギ)[ブログ記事はこちら]
三月ウサギはサカリがついてキチガイなんだってさ
あれ 今 3月だわ


ヤスヒロさん(キング)[ブログ記事はこちら]
なんかとってもアナログな感じが出てて、アナログというか
温かみっていうんですかね、キャラも個性的でグーですよ。
なんていうか、とにかく設定の細部まで緻密で
それが見事に3DCGで表れていますよね。
アリスの不思議ワールドがビンビン伝わってきます。


相馬称(イモムシ・カエルサカナ脚本等)[ブログ記事はこちら]
リアルな、あるいは実写的な3DCGといったときに想起される一方のベクトルに、たとえば「ファイナルファンタジー的なるもの」があるんだと思いますが、それとはまったく異なる志向/嗜好/試行のもとに、『不思議の国とアリス』はリアルを目指します。


+++++++++++++++++
現在、こちらで把握しているのは以上なのですが
他にも書いてくださってる方がいらっしゃたら
(関係者でなくても)お知らせ下さい


書いてくださった皆様、ありがとうございました
販売ページでもご紹介させて頂こうと思います

+++++++++++++++++
その他
販売ページで既に使わせて頂いている亜樹28号さんのブログ記事はこちら
亜樹28号さんは七字君のフジログも紹介してくれてます

みなさんありがとうございます

王様ひさしぶり

王様役の藤原やすひろさん、
改め現在の名前はヤスヒロさんケンユウオフィス所属)
と連絡が取れました。

二人目のウィキペディアに載っている人で、色々活躍中のご様子です。

この方は、参加してくれた中で数少ない声優さんのうちのひとりで、王様の録音状態がすごく良かったのを思い出します。テンションが上がっても吹かない(=録音レベルが一定)ので喉にコンプレッサー仕込んでるんじゃないかと思いました。

というわけで、ちゃんと許可を得られたので、参加してること大ぴらに公表できることになりました。というご報告でした。


暫定予告編B公開

東京コンテンツマーケット2006で流していた「暫定予告編B」を公開しましたので、ごらんくださいませ。

前回アップの「暫定予告編A」は馬鹿みたいに重たかったですが、今回はちゃんと最適化したので(Aとくらべて)格段に軽くなってます。画面は(TVモニタ用に最適化しているものを、多少、再調整していますが)相変わらずちょっと暗めかもしれません。

時間泥棒がいたのかも

お恥ずかしながら
初めてミヒャエル・エンデ「モモ」を読んでいます。

その中に「時間泥棒」という人たちが出てきます。
この人達に時間を盗まれた人は
どんどん忙しくなってイライラギスギスした人になってしまいます。
(それを助けるのが「モモ」というちょっと変わった女の子!
 ということらしいです。まだ、途中なのでわかりませんが。)

・・・読んでいて、ふと、思い当たることが。

"時間泥棒がいたのかも" の続きを読む

シネマビレッジ at 自由が丘(アリス上映します)

こんばんは、みえしかです。

寒くなりましたね。
といっても屋内はどこも暖房で暑いくらいです。
半袖のアリスちゃんはデパートの中だから
真冬でもへいっちゃらかもしれません。


さてさて、以前にも告知しましたが
日が近づいてきましたのでもう一回。


自由が丘駅徒歩一分、One'sさんにて行われる
シネマビレッジという自主制作短編映画上映会にて
『不思議の国とアリス』お茶会シーンを上映いたします。


●日にち 2005/12/10
●時間  開場 17:00 上映 17:30~21:00
(終了後、アフターパーティがあります。お気軽にご参加下さい。)
●場所  One's(自由が丘駅徒歩一分)
     ☆地図はこちら
     ☆TEL 03-3718-7300
詳細はこちら 
●入場無料


お茶会シーンは以前にも見て頂きましたが
(三月うちゃ会で)
あれから小道具が増えたり、動きが密になったり、
そうそう、音も細かく付けられて
もう完成版といってもいいほどの出来映え!

今回のイベントでは
パッケージ作りに参加してくださっている赤羽さんの作品も上映されます!
(シネマビレッジは赤羽さんからの紹介なのです。)
赤羽さんの作品には同じくパッケージを作ってくださっている北田さんが声の出演をされているそうです。

赤羽さんはトップバッター、17:30から
0 1/2計画は休憩後の二番目、20:20頃からの上映となります。

是非是非ご都合付けて観にきてください!
(会場が狭いのでご来場はお早めにお願いします!)


それからアフターパーティーにちょっとだけ自作のお菓子を持って行こうと思ってます!
(ベジタリアン※もマクロビアン※も食べられるお菓子ですよ!)
食べにきてね。


※ベジタリアン 言わずと知れた菜食主義者
        色々種類があるらしいですが
        今回は卵・乳製品使わないので
        一番厳格な人でも大丈夫!

※マクロビアン 最近ちょっと流行の穀物菜食主義者
        (一物全体、身土不二が信条)
        今回はメープルシロップを使う予定なので
        厳格にやってる人には向きません!

"シネマビレッジ at 自由が丘(アリス上映します)" の続きを読む

新キャラ

ついに新キャラ登場です

「チェシャ猫」

"新キャラ" の続きを読む

赤・青鬼〆切

赤鬼コース
青鬼コース
〆切ました

ありがとうございました

銀鬼コースは、引き続き受け付けております。

"赤・青鬼〆切" の続きを読む

赤鬼、青鬼、締め切りますよ

ずっと締切ずるずる延長してきましたが、そろそろ本当に締め切ります。9/30申込み締切です。...と、(再)告知がちょっと直前すぎたので、もうひと延長、

ラスト一週間キャンペーンを追加して、
10/5締切(申込みメール必着)

とさせていただきます。...ほんとに締め切ります。

VirtualBeautyEXPOやってます

昨日(8/8)搬入してきました
もうやってます
よろしかったら足をお運びください

特に8月13日18時よりの「ムービーナイト」をごひいきに

詳細はこちら
場所はここ(部屋は2Fの2-Aです)

"VirtualBeautyEXPOやってます" の続きを読む

「不思議の国とアリス」

ブログ内検索