制作日記ブログ

しもだてアートフェスタ報告

記事の時系列が前後しましたが、2008年11月8日(土)開催された「しもだてアートフェスタ2008」の報告です。

ブース(というかテント)はこんなでした。3×3のスペース以外は(テントとかも)全て持ち込みです。『不思議の国とアリス』は初めて野外に展示しましたが、まあなんとなく思ったよりはサマになった気がします。『〜アリス』の映像ものすごく気になって何度も何度も覗きに来てくれた人が3人くらいいました。相変わらずカルト性は充分です。また、(これも相変わらず)チビッコたちには概ね好評でした。(が、その親たちは全然ピンときていない風なので購買には結びつきません。)

23603951_1220256422.jpg

物販はこんなです。来場者層とか、場所柄とか考えると(特にDVD)全然売れないかと思ってましたが...微妙に(DVDも)売れました。ありがとうございました。

23603951_235342076.jpg

今回初登場は、ニブンノイチケイカク女子部手芸ユニット「水玉一二階」です。物販的には実はこれが一番売れてました。全体的なエントロピーを増大させる意味でも、今後の活動が期待されます。

23603951_1497870906.jpg
といったわけで、なんやかやと楽しい催しでした。寒かったけど。
ありがとうございました。おつかれさまでした。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

明日、しもだてアートフェスタ

明日開催なので、再告知しておきます
DVDとかグッズとか売ります...DVDはイベント特価です
都心から二時間くらいかかりますが、きてね まってるよん

  • しもだてアートフェスタ2008
  • 日時2008年11月8日(土) 9:00〜16:00
  • 場所 しもだてアルテリオ前広場  アクセスはこんな
  • 入場無料 というか屋外、フリマ状態...たぶん
  • 雨天決行

です。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

【永田さん】おめでとう【アニメーション神戸】

『不思議の国とアリス』予約/支援者で、そのついでに3D制作にも(ものすごく)参加してくれて、その後受注仕事とかもちらほら手伝ってもらっている永田裕士さんが「盗人と王様」という作品で、第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテストで「ドンデンギャグ大賞 及び 最優秀賞」を受賞しました。おめでとうございます。確かこのコンペって大地丙太郎監督が仕切ってたと思うのですが、もしお話しする機会があったら「そうまがファンです」とお伝え下さい。

第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテスト
受賞作は永田さんのブログにも上がっています

で、感想書きます

永田さんはモデリングの上手さと仕事の速さはかねてから定評があり、『〜アリス』でも強力な戦力として活躍していただいたのですが、個人的な印象では...恐らく御本人が読むであろうブログにこんな事を書くのは失礼かとも思うのですが...実はアニメーションに関しては「いまひとつ」だと思っていました。作品を作るにつれ着実によくなってはいたし、手法的にも面白いことをやっていましたが、まだまだ(演出、モーション面に関して)いまひとつだと思っていました。

が、「盗人と王様」大バケしましたね。

素晴らしいできだと思います。脚本、演出、モーション、それに画面構成等含めたトータルで作品としてのクオリティーを確立してます。こりゃあ賞取るはずです。
ただ、以前も言ったことがあると思うのですが...こうなってくると俄然勿体ないのが声。今回声に関してもかなりレベルが上がっていて機械声のコントロールも格段に上手くなっていますが、是非、(ちゃんと演出付けた)人間の声で見てみたいです。(なんならニブンノイチケイカク経由で手配してもいいですが...でも関西弁にこだわりがあるようならちょっと人脈思いつきません)あえてボーカロイドに歌わせるという文化も台頭している昨今ではありますので、そういった方向を極めるという手もないことはないですが、そんな枠組みを飛び出す力と芸風を持っていると思いますので個人的には生声に挑戦していって欲しいです。永田さんの作品はセリフ(とかその間とか)がかなり重要な位置を占めているはずなので、さらなる大バケが達成できるはずだと思ってます。

という訳で、なにはともあれおめでとうございます。是非ビッグになって、こちらにもおこぼれをまわしてください。

ところでちなみに、一方、『不思議の国とアリス』の方は、以前人づてに大地丙太郎監督に贈呈してあるハズですが....音沙汰ありません

続・TCM報告

ブースはこんな感じでした 今回は貧乏も極まっていたので特に装飾等作らなかったのですが、イベント毎に作り溜まっていたネタをならべてなんとか体裁を整えたら意外とちゃんとしたような気がします
23076403_309370696.jpg


タキタさんコーナーはこんな感じでした 時間もなくて準備がままならなかったのですが、なんとかでっちあげました さすがに一部濃い層の目を引きまくっていました とり・みきファンは業界関係者とかクリエーターとかデープなあたりに潜伏しているので、結構頼もしい気がしました ちなみにファン関係でお話しできた方々にはムービーも概ね好評だったように思えひとあんしんです
23076403_1749371247.jpg

とり・みきさんにその場で直筆ポップ描いていただきました ありがとうございます 家宝にします 
23076403_2478424911.jpg


『不思議の国とアリス』に関しては、(毎度そうなんですけど)たまにしか誉められないけど誉めてくれる人は凄くほめてくれます 嬉しいです 去年までは制作途中での出展でしたが、今年はやっと完成品を持ち込めたということでなんとか展開できるよう事後活動も頑張りますのでよろしくお願いいたします


TCMは、本来の開催目的が有効に機能しているかはちょっと微妙だったりするイベントですが、出展者どうしの横のつながりができてそれはそれでそれなりにとても有意義で楽しいことなので、気に入っております じゃまた来年

コンテンツマーケット終了

東京コンテンツマーケット2008終わりました
来場された方も、されなかった方も、手伝って下さった方も、そうでない方も、なにはともあれお疲れ様でした。ありがとうございました。

27日 ご来場下さったリウイチさん。昨年TCM、今年アニメフェア、に引き続き早速紹介してくださいました。毎度ありがとうございます。日刊リウイチ【10月27日】 

で、そこにシンポジウムのレポートもあるのですが...

クリエーターの作品にどれも同じじゃん、隣と自分は違うって思ってたって旗からみりゃあみんな同じ、とくにCGになってからは同じツールを使っているってこともあるのかどれも同じで個性がない、違う自分たちには個性があるって主張したっておまえさんたち程度の個性を個性なんて言っちゃあいないってことを速射砲のように話してた。

冨野さん、そんな感じだったんですか! そうとは知らず(恐らくその直前)ブースの前を通りかかったお姿を拝見して追いかけて『不思議の国とアリス』贈呈しちゃってました。うぎゃ。でもその折に、うちの展示映像を見ながら「うーん、あ、やっぱり、でも、うーん」とか首をかしげながら立ち去られたのを多少良い方に解釈させて頂いてもいいですか? ダメですか? とにかくCGアニメってやつが全般的にダメなのは了解しておりますし、異論は特にありませんし、『アリス』でそのへん打破できたとは思っておりませんので、とりあえずそのくらいの反応をして頂ければ充分だと言えるかも知れません。次回頑張ります。でもできましたら開封してDVD再生して58分25秒お付き合い頂きたいのですが...ダメですか?


28日はとり・みきさんご来場くださいました。すっかりサイン会状態になってしまいました。お忙しい中長時間お付き合いいただきありがとうございました。こちらも引き続き頑張ろうと思いますのでよろしくお願いいたします。ところでちなみに上記のリウイチさんも「あ、タキタカンセイだ!」と反応してくださってました。

それから『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』制作ラストスパート中で大変な中、スタッフ参加して下さった赤羽監督、ありがとうございました。おつかれさまでした。『金糸雀』に関しては予告編が上がっております。いいかんじになってきているっぽいので、是非ご覧下さい。『生きていきかた』も残り頑張りますので、よろしくお願いいたします。

その他、いろいろありますが、とりあえず後ほどということで。

手書きアリス嬢

フライヤー用に書きました

alicetegaki.png

3Dキャラよりイイかも...下手だけど

【コメント】とり・みきさん

『不思議の国とアリス』 コメントとり・みきさんに頂いたので掲載しました。ありがとうございます。

もったいないぞ、そうまあきら! もっと楽して儲けろ!(笑)

これ、とり・みきさんに言ってもらえるとかなり光栄です。ていうか、とり・みきさん(のギャグ密度)こそ勿体ないと思います。(笑)

あ、短編集『ロボ道楽の逆襲』。11/17発売予定だそうです。装丁は元コズフィッシュ、現OCTAVE、(個人的には)『競売ナンバー49の叫び』の装丁でおなじみの木庭さんです。中身も外側もカバーを外しても楽しみです。

TORI MIKI'S BLOG:短編集も出ます

しもだてアートフェスタ2008出展

アクト ローカリーっつうことで...

  • しもだてアートフェスタ2008
  • 日時2008年11月8日(土) 9:00〜16:00
  • 場所 しもだてアルテリオ前広場  アクセスはこんな
  • 入場無料 というか屋外、フリマ状態...たぶん
  • 雨天決行

です。

公式サイト:しもだてアートフェスタ2008
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介
しもだてアートフェスタ2008出展者紹介:ニブンノイチケイカク

DVDとか、グッズとか売ります。きてね。

東京コンテンツマーケット2008

ここのところ恒例になっている東京コンテンツマーケット2008に出展します。

そういえば、全然意識してなかったのですが、先の記事でああだこうだ言っていた冨野監督、シンポジュウムに出演されますよ。

で、うちの出し物は

といった感じです。相変わらず市場性・発展性に乏しい(と思われがち)ですが、よろしくお願いいたします。

ブース番号は49です

また、当日スタッフ、搬入・搬出スタッフも募集中です。搬入は26日(日)、搬出は28日(火)閉場後になります。下手をするとスタッフ一人(=私)なので、メシにもトイレにもタバコにも行けません。会期平日なのでカタギの人は難しいと思いますが、だれか手伝ってください。よろしくお願いいたします。

ブロスタコメントのコメント

ブロスタTVで公開している「不思議の国とアリス(20分版)」ですが、ぼちぼちコメントが寄せられていて、ブロスタの作法がよくわからないので、ひとまずここにお返事書きます。

ゲスト さん2008年10月01日 なんか、ボーっと、見ちゃう感じ。 ステキな世界観。

ていうか、このコメントがとても嬉しかったのでこの記事書きました。ありがとうございます。ボーっと見ちゃってください。フル版(58分25秒)だともっとボーっとできますよ。

ゲスト さん2008年09月16日 良いと思いまっす!

ありがとうございまっす。

ゲスト さん2008年08月21日 デュシャンとヴィトゲンシュタインの引用に頼るというか耽っているというか、コンセプト優先のところは、表現として弱いと思う。そんなことしなくても、シーンの強度があっていいところはあるのに。

ああ、この(20分版)編集だと確かにその辺の割合が高くなっちゃってますね。でも全然頼ってるつもりないです。引用ネタに関して(私の口からは)極力触れないようにしてますし...あ、コメンタリーで言っちゃってるけど...その程度...場内アナウンスネタと同じ程度の重要度です。ヴィトゲンに至っては英語(字幕)版では総入れ替えしてボツにする予定だし。耽っているという件に関してはドジソンさんがそう見えたのなら成功です。ともあれフル版(58分25秒)の方は、コンセプトも希釈されてエントロピーに埋もれております(埋もれさせたつもりです)ので見て頂ければ幸いです。

「不思議の国とアリス」

ブログ内検索