制作日記ブログ

【永田さん】おめでとう【アニメーション神戸】

『不思議の国とアリス』予約/支援者で、そのついでに3D制作にも(ものすごく)参加してくれて、その後受注仕事とかもちらほら手伝ってもらっている永田裕士さんが「盗人と王様」という作品で、第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテストで「ドンデンギャグ大賞 及び 最優秀賞」を受賞しました。おめでとうございます。確かこのコンペって大地丙太郎監督が仕切ってたと思うのですが、もしお話しする機会があったら「そうまがファンです」とお伝え下さい。

第13回アニメーション神戸デジタル・クリエーターズ・コンテスト
受賞作は永田さんのブログにも上がっています

で、感想書きます

永田さんはモデリングの上手さと仕事の速さはかねてから定評があり、『〜アリス』でも強力な戦力として活躍していただいたのですが、個人的な印象では...恐らく御本人が読むであろうブログにこんな事を書くのは失礼かとも思うのですが...実はアニメーションに関しては「いまひとつ」だと思っていました。作品を作るにつれ着実によくなってはいたし、手法的にも面白いことをやっていましたが、まだまだ(演出、モーション面に関して)いまひとつだと思っていました。

が、「盗人と王様」大バケしましたね。

素晴らしいできだと思います。脚本、演出、モーション、それに画面構成等含めたトータルで作品としてのクオリティーを確立してます。こりゃあ賞取るはずです。
ただ、以前も言ったことがあると思うのですが...こうなってくると俄然勿体ないのが声。今回声に関してもかなりレベルが上がっていて機械声のコントロールも格段に上手くなっていますが、是非、(ちゃんと演出付けた)人間の声で見てみたいです。(なんならニブンノイチケイカク経由で手配してもいいですが...でも関西弁にこだわりがあるようならちょっと人脈思いつきません)あえてボーカロイドに歌わせるという文化も台頭している昨今ではありますので、そういった方向を極めるという手もないことはないですが、そんな枠組みを飛び出す力と芸風を持っていると思いますので個人的には生声に挑戦していって欲しいです。永田さんの作品はセリフ(とかその間とか)がかなり重要な位置を占めているはずなので、さらなる大バケが達成できるはずだと思ってます。

という訳で、なにはともあれおめでとうございます。是非ビッグになって、こちらにもおこぼれをまわしてください。

ところでちなみに、一方、『不思議の国とアリス』の方は、以前人づてに大地丙太郎監督に贈呈してあるハズですが....音沙汰ありません

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/678

コメント(1)

コメントありがとうございます。
永田です。

脚本、演出、モーション面でそうまさんに褒めて頂けるのはホント嬉しいですね。
実際のところ「盗人と王様」を作るにあたって、セリフをできるだけ簡潔に短くすること以外、注意を払った所はないんですが、結果的にそれがテンポの良さに繋がったみたいですね。
 声に関しましては、まあシンプルに言ってしまえば金がないということでして、もうしばらくこの方向で粘ってみようと思っています。(機械声ですと作業の最後の最後までセリフを書き換えられるというメリットもありますし、まだまだ力不足の自分にはこっちのほうが色々勉強になるかもです)

p.s.授賞式後に交流会があったのですが、持ち前の腰の重さが災いして大地監督さんに挨拶できずじまいでした。

Posted by: 永田 at 2008年11月 5日 15:37

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1