制作日記ブログ

風か嵐か 青い閃光

串田アキラさんネタ経由でザブングルなんですけど

OP見直してみたら、素晴らしかったです(特にタイトルでるまでの)カット割りとその間合いが...なんでCGの人はこういう間の取り方ができないのだろうか?

(厳密に言うとこれがここにあるのは違法ですけど、プロモーション的意味合いとの絡みでOPは大目に見られてるんじゃないかと高をくくっての貼り付けです)

クッシーさんといい、冨野さんといい、「ホントは違うことやりたかった」とかいう挫折を経由してる人は、(アニメとかの)外部から変なパワーを持ち込んでくるので、面白い物を作りがちな気がします。ちなみにこの曲は冨野さん作詞なので「ここは地の果て、流されて俺」に重みがあったりするのかもしれません。

ところで「不思議の国とアリス」終わったらロボ物やる...と常々言ってたんですけど、現状経済的に力尽きているのでできません。が、そのうちやりてぇなぁ。誰かやらせてくれないかなぁ...結構得意なんだけどなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/659

コメント(3)

「キングゲイナー」のOPもすごいです。
あと、「ブレンパワード」も。
「ママは小学4年生」も。

Posted by: 赤羽 at 2008年10月10日 11:22

キングゲイナーhttp://jp.youtube.com/watch?v=97j86qH91Nk
ブレンパワードhttp://jp.youtube.com/watch?v=-oIbZSoSKUQ
あ、このへんのサンライズ(というかこの頃のアニメ全般)はノーチェックでした。ロボの形とか、冨野作品だとかくらいは知ってたけど。見た方がいいですか?
全裸のキャラが空を飛ぶと言えば、どうしても「発動編」のラストを思い出すんですが、ブレンパワードのOPでキャラ集合で飛ぶ箇所(件のシーンに一番似ている)方向がカミ→シモなんですけど、発動編は(ホントは色んな方向に飛んでるけど総体として)シモ→カミと逆だった印象があります。もしかしてあの輪廻転生後の話だとかいう裏設定あったりしませんか。なにせ本編見たこと無いので当てずっぽうですけど。

ママは小学4年生http://extr.b-ch.com/cgi-bin/freemv/list.cgi?pv=377&isp=114(←合法)
これ全く知りませんでした。面白そうな気がします。OPに関しては、赤ちゃん視点のカメラぐるぐるがすごいですね。これが一番映像のリズムが気持ちいい...と思ったらOPのみ冨野さんなんですね。こういったカメラ回転もCGでやるときのイヤらしさがないのはなんでなんでしょう。

Posted by: そうまあきら Author Profile Page at 2008年10月11日 00:38

>ブレンパワード
確かにカミ→シモでイデオンとは逆ですね。気が付きませんでした。
公式設定的に「輪廻転生後の話」というのは聞いたことがないですが、ブレンは、ある種イデオンの「子供」として生まれたエヴァのような90年代末のアニメに対する富野監督なりの「回答」とされているので、作品自体の位置付けとしては正に輪廻転生的かもしれません。
「ブレンパワード」と、その次の富野作品に当たる「ターンAガンダム」は、僕にとって表現や物語というもののあり方について認識を新たにさせられる作品でした。個人的には一見をお勧めしたいです。

Posted by: 赤羽 at 2008年10月11日 02:06

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1