制作日記ブログ

ブラボー!!

World Happinessに行ったのは昨日(8/10)の話。
チケットをとった時には「細野を見に行く」という認識しかなく、あ、HASYMOで出るんだ...と気づいたのはその前日くらい。というボンヤリ加減だったのですが、さて。

いろいろたくさん出たので、いいものもあれば悪いものもな感じで時間は流れて、辺りが薄暗くなった頃に「NRT320(なりたみつお)」登場。その「みつお」部分を担うのはデザイナーのというかなんというか、個人的にはスクーターズの信藤三雄なんですけど、このおじさん前半はカオシレーターをグニグニさせながらステージ上をうろうろ。後半ゲストの野宮真貴登場後はカメラを手にキメキメモデル状態の野宮真貴を撮影。その画像が中央の大モニターに映されたり、被写体の二の腕とか手のひらとかには歌詞(ちなみに曲はキョン2のFadeOut)が書いてあったりとか、まあとにかく楽しそう。というか演奏する気なし。

その次、ひとつとばして、東京ブラボー!!登場

あ、やっぱりとばさないでちょっと説明すると、今とばしたのはシナロケ。シナロケはもう3歩くらい馬鹿方向に踏み出せば和製クランプスの座につけるのに、ちょっともったいないかなという印象。「レモンティー」はいまだに演る。そして盛り上がる。もう盗作云々とかいう次元を超えちゃっているので、これは作曲鮎川ということでヨシ。最後に新譜から一曲というので何かと思ったら「マイウェイ」。なんだったらこれも作曲鮎川と言ってもヨシ。

で、東京ブラボー!!
すごい好きです。こういうの。高木完ちゃんは、個人的にタイニーパンクスの方がなじみがある世代なんですけど、こっちの方が全然いい。全然好き。ブラボー小松はあんなスタイルなのにギターの音量が小さくて、でも存在感はめちゃくちゃあってイカす。(ところでナポレオン山岸もギターの音量が小さくて、であんなで同じ類のイカしっぷりだった。)坂本ミツワもカッコいい。こんななのにミュートビートでスタイリストってのもしびれる。と、フロントの3人は完璧。それにくらべるとリズム隊はちょっとカッチリしすぎな気がするけれども、そこも個人的な好みな感じにするとそれはおそらくファントムギフトになっちゃうので、それはそれこれはこれ、東京ブラボー!!は東京ブラボー!!でヨシ。

締めはHASYMO。やっぱりすごいです。音色が、リズムが。というか主に細野。なんなんだそのベースは。いやハリーに限らず、このメンツだとユキヒロも生き生きするし、教授もそんなにイヤさが目立たない。なによりこんな変な音楽をそこそこマスな聴衆に聴かせられちゃうといういまだに続くYMO現象ってのはなんてこったいと思います。で、締めの締めは「CUE」。ごちそうさまでした。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/632

以下のリストにある記事は、当記事 " ブラボー!! " を参照しています :

【world happiness】についてサーチエンジンで検索してみると from 気になるキーワードでブログ検索!
world happiness に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

2008年8月12日 12:23

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1