制作日記ブログ

時間泥棒がいたのかも

お恥ずかしながら
初めてミヒャエル・エンデ「モモ」を読んでいます。

その中に「時間泥棒」という人たちが出てきます。
この人達に時間を盗まれた人は
どんどん忙しくなってイライラギスギスした人になってしまいます。
(それを助けるのが「モモ」というちょっと変わった女の子!
 ということらしいです。まだ、途中なのでわかりませんが。)

・・・読んでいて、ふと、思い当たることが。

実は「不思議の国とアリス」、
今月中には3D作業を全て終わらせよう!
という計画が秘かにありました。
(監督と私の二人の間で、です。)

予約者の皆さんをいつまでも待たせている心苦しさ
子供が産まれたのにまだ作品が完成できないことへの苛立ち

主にこの二つが「期限」を設けた理由です。

そして、今月末に向けて、監督も私も
「生活」の時間をなるべく節約して
出来るだけ「創作」につぎ込んだのですが・・・

「モモ」のお話の中の登場人物みたいに
二人ともイライラギスギスしていくのがわかりました。
しょっちゅう、ケンカもしました。
「もうやめちまえ!」なんて言葉が喉元まで上ってきたことも何度か。

で、ですよ、
それでうまく出来てればまだ良かったのですが、
最近、スタッフの方が来てくださった際に
今まで出来上がった分を一緒に見たわけです。

そしたら・・・良くなかったんです。
かなり出来上がってはきていたんですけど
正直、面白くない。
面白くない、というか、気持ちよくない。
がっかりです。
なんていうか、急いで作っている感じ、がそのまま出てる。
余裕のない感じ。

ものすごくへこみました。
私の中ではもうすでに予約者の皆様にお送りする
その辺りの空想までいってましたし。

その日と次の日で落ち込みつつ、
「腰を落ち着けて兎に角納得のいくものを作ることが
0 1/2計画にとって大切なことだし
予約者の皆さんへの誠意だと思う。」
ということになりました。
その分、また、遅れる、ことは必至なので
本当に申し訳なく、心苦しいことではあるのですが、
そのために「つまらない」作品をお渡しするのは
どうしてもしたくありません。

私たち二人の気持ちは固まりました。
「腰を落ち着けて、納得のいくように、でも出来るだけ早くできるように。」

そして3日後・・・
監督が
「今までの映像に少し手を加えたよ、面白くなったよ。」
先日見たものの改訂版を見せてくれました。
・・・・・
面白い!

とても不思議でした。
腰を落ち着けよう、と決めただけなのに、
それだけで、(じゃないかもしれませんが)
作品の雰囲気がガラリと変わったのです。

私たち二人の生活も穏やかになりました。
ケンカもナシ。

まるで「モモ」のお話、そのまま、みたいな出来事でした。


・・・というわけで
またまた「不思議の国とアリス」完成は少し延期させてください。
今のところ、合い言葉は「年内には」です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/418

コメント(3)

コメント遅くなりましたが、スポンサーの一人(と名乗れるほどのことは何もしていませんが)として、監督とみえしかさんの方針を全面的に支持します。

完成の日を、気長に、楽しみに待ってます!

Posted by: 赤羽 at 2006年9月 3日 15:05

赤羽さん、ありがとうございます。
本当に有り難いです。

パッケージ作りやシネマビレッジなど、
赤羽さんには本当にお世話になっています。
おそらく、今後も、何かきっとあることと思います・・・
そのときはどうぞよろしくお願いします!

Posted by: みえしか at 2006年9月12日 22:49

テストです。テスト。

Posted by: 相馬称 at 2006年9月17日 14:11

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1