制作日記ブログ

びっくり!!!

ドゥシャン・カーライという画家さんをご存知ですか?
スロヴァキアの女性銅版画家さんです。

私は今日知りました。
そしてその独特な絵に一目で虜になりました。

そしたらなんと偶然にも
カーライさんはアリスの挿絵を描いていらっしゃるのです!
ネットで検索してみたら、どうやら、ルイス・キャロルがお好きらしく
「不思議」「鏡」のアリスの他にもキャロルに捧げる作品を描いていらっしゃいます。

カーライさんのアリス絵本はどうやら現在のところ入手困難なよう。
どうしてもどんなアリスちゃんか見たくて更にネット検索して探しました。


(この画像はこちらからお借りしました。)

0 1/2計画のアリスちゃんと似てませんか?
髪型、服装が似てるだけかもしれませんが、
なにやら嬉しい符合です。

さらにさらに
アマゾンを見ていましたら

(この画像はこちらからお借りしました。)

この帽子屋さん、鍋、被ってませんか?!
鍋じゃないかも知れませんが金属っぽいです。
こんなこと考え出すのアキラくん(監督)だけかと思ってた・・・。

アリスに魅せられる人達って
何かこういうとこで繋がっているのかなぁ。

何か嬉しい予兆のような気がしたので書き込み!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/202

コメント(5)

初めまして。永田です。
今日、受領兼予約控証がうちに届きました。ありがとうございます。
まんまるの段ボールできたので、インパクトありましたね。変わった
ものを手にしたので何かせねばと思い、とりあえず机の上で転がして
みました。
 ドゥシャン・カーライさんの絵、すてきですね。
控えめなのにカラフルに見える配色といい、見てる側にまったく媚び
ないキャラクターといいすばらしいです。個人的にはウサギのロンパ
リ具合がなんとも・・・。

Posted by: 永田 at 2005年6月17日 00:25

>受領兼予約控証
>変わったものを手にしたので何かせねばと思い、
>とりあえず机の上で転がしてみました。

転がしましたか。
ころころ、うまく転がりましたでしょうか。
「何かせねば」というのが個人的に素敵だと思いました。
そして「飾る」などという方向ではなく「転がす」。
あれを転がしてくださる方がいらっしゃるとは。
何か感無量です。

ところで別名・鍵丸と名付けております。
何故かはここでは申しません。
予約者のみのお楽しみ、ということで・・・。


カーライさんの絵、一目で惹きつけられました。
ネットで小さな画像を見ただけなので、
そう言い切って良いのかわからないですけど。

ごめんなさい、私の書き方が悪かったのですが
二枚目の画像はカーライさんじゃないんです。
Lisbeth Zwergerさんという方によるイラストです。
どういう方なのか未知です。
失礼致しました。

Posted by: みえしか at 2005年6月18日 00:42

>転がしましたか。
>ころころ、うまく転がりましたでしょうか。

記録、数センチでした。
転がすためのものではなかったようです。当たり前ですね。

Posted by: 永田 at 2005年6月19日 01:57

>記録、数センチでした。

子どもの頃、放映されてた
「鳥人間コンテスト」の
飛行台から真っ逆さまに落ちていく
愛すべきダメ鳥人間たちを
思い出しました。
スタート地点に登場した瞬間、
テレビの前の家族みんなが
それは飛ばないよ
と突っ込みを入れたこともしばしば。
懐かしい思い出です。

司会の轟二郎は未だに心に住んでいて
たまに「ぼきはね」と言ってみることがあります。
いや、「鳥人間コンテスト」では言ってなかったか。

Posted by: みえしか at 2005年6月19日 02:13

鳥人間コンテスト。
なつかしいですね。鳥の姿形を単純に真似ただけでは飛べないって
分かっているのに、あえてイカロスの翼みたいなので飛行台に立つ
愛すべきダメ鳥人間たち。(と、それを止めないどころか『がんば
れー』と無責任な応援をする周りの家族。)そしてやっぱり落ちて
ゆく・・・。
鳥人間コンテスト。いい番組でしたね。

なんか話題が脱線しまくってますんで、このあたりで失礼しますね。
(ドゥシャン・カーライさんの絵、ホント良かったです)

Posted by: 永田 at 2005年6月20日 23:59

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1