制作日記ブログ

作りかけ更新

「作りかけ」更新しました


以下、作りかけのコメントと同じです

C102、芋虫のくだり(をベースに、モックタートルとカエルとサカナをブレンドしてあります。)の冒頭です。この前のシーンで「涙の池」に落ちたアリス〜クリームソーダにフェード〜カメラ引いて、そのクリームソーダのサクランボに関して会話をするカエルとサカナのカットです。(今回のムービーでは切れちゃってますが、最初にサクランボを指さし「これ何ていうんだっけ? 一番上のさ」というカエルのセリフが入ります。)そのままカメラは引き続け、手前の席のテーブルの上にいるアリスと芋虫のシーンにつながります。□□□□□□□レンダリングしてますが、レイトレース(光の反射とか屈折とかのちゃんとした計算...計算時間が跳ね上がる)をしていないので、カエルサカナのぬめり感等が出ていません。□□□□□□□いろいろ、細かいところの動きはもうちょっと詰めます。□□□□□□□特にカエル。舌動かしてません。顔の表情もあまりパターンを用意していなかったので、不自然です。もうちょっとなんとかしたいです。□□□□□□□サカナの方は、この程度の無表情、あんまり動かない予定ですが、それなりに詰めます。□□□□□□□ふたりはチェスをしていますが、このカメラ位置ではよく見えないので、途中唐突に何度かチェスボードのアップをカットインしようかとも思ってます。□□□□□□□カエルとサカナのシナリオは、作:相馬称で、原作にはありません。□□□□□□□セリフはアタリで入れてあるだけで、レベル調整やエフェクト処理等していません。セリフ以外の音は入ってません。□□□□□□□場面はデパート内の喫茶室です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/194

コメント(3)

シンプルだけど、いいカメラワークですね。勉強になります。
自然にふたりの会話に引き込まれてしまいました。
 でもこれからサクランボを見るたび、
『あ、マメモモ。』
と、ひとりほくそ笑むことになりそうです。

Posted by: 永田 at 2005年6月 9日 11:34

喫茶コーナーなので照明にシーリングファンを
付けてもイイかもですね。

Posted by: ふじた at 2005年6月 9日 12:50

>カメラワーク

今回は、
いかにカットを割らずにシーンを表現するか
ということに挑戦してます

つまり、シーンの流れを、順序立てて観客に提示する(カットを割る)のではなく、それらを同時にひとつのカットにぶちこんで、観客には見たいところを見てもらう(あるいは、ぼんやりと全体を見てもらう)という感じです。なので、全般的に、地味で、評価してもらいにくと思うのですが、ほめてもらえてうれしいです。


>シーリングファン

(影が入ると)画面の密度が上がるので、面白いかもしれません。
ただ、この喫茶店、ダサダサ昭和風(デザイン:オガタさん)なので、浮かないかどうかは懸念されると思います。

Posted by: そうまあきら at 2005年6月 9日 22:55

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1