制作日記ブログ

けれどもキーフレームを打つ

嫁は不在。(ダブルミーニング)

「きっちゃてん たろう」改め「たまり場 たろう」のママさんから電話。
「きっちゃてん たろう」は、高校の時入り浸っては煙草を吸っていた喫茶店。いろいろあって、いまは、メインは常設フリマでその他いろいろなんでもな、フリースペースになっている。24日にイベントがあって、手伝いがどうのこうので、お手伝いしたいなぁとは思うものの、いやほんとに、そう思うものの、それどころではない。

ボーイスカウト団委員長のIさんから電話。
本日、地区のミーティングがあって、指導者研修所のなんだかんだがああだこうだ。うちの父親は、この土地にボースカウトを立ち上げたその人であり、その方面では全国区の知名度であり、大変偉い人だったらしく、そして、その逝去のタイミングで帰省して住み着いた次男坊はその意志を継ぐべきであるという筋書きは、おぼろげながらは理解できないこともないことはないではあり、そのつもりもないというわけではないのではあるが、それどころではない。

よく仕事をくれる、いまや社長のOさんから電話。
青春18切符が余っているので、打ち合わせがてら、はるばる、うちまで来るとのこと。最寄り駅まで迎えに行って、一緒に食事をして、仕事(Flashオーサリング)の打ち合わせして、と、実は今こういうのをやっててと、DVに落とした仮レンダリングアニメを見せるが、引きは弱い。

ところで、年末年始と、同窓会関連の催し物も、いくいくと言いながらも、二連続で欠席。
バンドをやろうと言っていた人とも音信不通で、借りたCDも返さぬまま越年。

そんなこんなで、各方面、悪業が嵩んではいるのではいるのではありますが、
けれどもキーフレームを打つのです。
キーフレームを打っては、また、鬼がやってきて、崩されては、また、
キーフレームを打つのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://0-1-2.org/mtos/mt-tb.cgi/110

コメント(1)

帰ってきて、
アリスとはぜんっぜんカンケー無い
地元での活動を引き受けてきました。

そんなもんだよね、夫。

Posted by: みえしか at 2005年1月17日 21:52

ブログ内検索

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.1